よくあるQ&A

利用する会計ソフトの指定はありますか?クラウド型の会計ソフトに対応しているか知りたいです。


弊事務所のお客様の90%超は、㈱マネーフォワード社のクラウド会計ソフトを利用頂いております。ただし、会社規模や業種、ステージによっては、他のソフトの利用が良い場面もあること、また切り替えが困難な場合もありますので、柔軟に対応しております。




面談は、テレビ会議システムに対応していますか?新型コロナウィルス感染症が不安です。


はい、対応しております。弊事務所では、事務所開設当初より、テレビ会議システムによる打ち合わせを行ってきておりました。Zoomやハングアウトなどのツールを利用し、直接の対面なしでも打合せやご面談が可能となっております。




資料の受け渡しはどのように行うのでしょうか?


弊事務所では、資料の授受についてペーパーレス化を促進しており、チャットツールやクラウドストレージでの情報伝達や情報共有を行っております。 紙面データについては、PDFスキャンしたものを受け渡し、格納しております。ペーパーレス化の方法や手順については、丁寧にご案内いたします。




福岡以外の他県に在住しています。完全リモートで対応してくれるのでしょうか?


はい、対応可能です。弊事務所のお客様は、九州圏のみならず、東北、関東、関西、その他離島の方も多くいらっしゃいます。テレビ会議と完全ペーパーレスの体制にご協力頂ければ、お近くで対面する場合と何ら変わりない状況となります。




小規模な個人事業ですが、相談しても大丈夫なのでしょうか?


勿論、大丈夫です。弊事務所のお客様の業種、規模、ご年齢には大きなバラツキがあります。早めにご相談頂き、本業に集中し、売上拡大をしていくパターンが多くあります。




今の会計事務所に不満があるため、会計事務所の切り替えを検討している。


多くご相談頂く内容です。サービスの内容、金額、担当者との相性など、様々な部分があるかと思います。一度、ご相談頂き、弊事務所でご期待に沿えるか、ご案内いたします。




財務コンサルティングや事業承継、組織再編などの特殊領域を相談したいが、現在の顧問税理士との関係もあるため、どのようにすればいいのか?


弊事務所がコンサルティングサービスを行うお客様の多くは、他の会計事務所と顧問契約を締結しています。通常の顧問業務は、既存の会計事務所が行い、弊事務所はそれ以外のコンサルティングサービスを行い、共存しているケースも多くあります。




報酬体系はどのようになっていますか?


報酬については、お客様の業種や規模、サービス内容などを総合的に勘案して決定します。通常の会計税務顧問業務であれば、月額+決算料というスタンダードな報酬体系となります。それ以外のコンサルティング業務であれば、成果報酬などの特殊なお見積りを取らせて頂くことがあります。




他の会計事務所と比べてどのような点が特徴ですか?


・相談内容、業務範囲広い。個人事業の法人化、上場準備、相続・事業承継、組織再編などをトータルで相談可能。
・資金調達、税制優遇措置、補助金の活用に長けている
・オーダーメイドで成果物を作り込み、シミュレーションを行うため、市販のシミュレーションソフトで対応できない部分も対応できる。




日々の相談はどのように行うのでしょうか?


基本的にはチャットツールを用いたやりとりとなります。チャットにより時間帯を気にせずにご連絡を頂けます。メールや電話での対応も可能ではありますが、チャットで対応できない場合に補足的に用いる手段としております。




融資や補助金などの相談は可能ですか?


はい、可能です。融資については、日本政策金融公庫や民間銀行との交渉による資金調達実績は豊富にあります。また、補助金についても、ものづくり補助金などの大型補助金の採択実績もあり、安心してご相談頂けます。





© 2021 numata-cpa office.